依存症を他人事にしない~嗜癖までのProcessと理解の重要性~

ポーズをとる医者

最新記事

考える女性

物質嗜癖は身近なもの

嗜癖には種類があります。アルコールやギャンブル、人間関係など、依存してしまうものによって呼び方はそれぞれ異なっており、それらが起因して起こる被害にも違いがあります。

考える男性

自覚できない過程嗜癖

嗜癖の中には過程嗜癖と呼ばれるものがあります。ギャンブルや仕事、買い物など、行為を伴う嗜癖なのですが、生活の破綻に繋がりやすいという特徴があります。本人の自覚に全く至らない危険性の高い依存症なのです。

溺れる前に救い上げる

座る医者

「~依存症という」という言葉を一度は耳にしたことがあるでしょう。依存とは本来ならば必要のないものに頼りきってしまう状態のことを指しています。これが悪化し、自分の意志では抜け出せなくなったり、それが生活から無くなれば精神的に不安定に陥ってしまうことを「依存症」と言います。依存症の定義付けはまだまだ難しい問題が多く、生活や日常生活に支障をきたして初めて依存症と言い切る人もいます。ですが、周囲に迷惑を掛けていなくても依存に陥っている状況は危険です。アルコールを自分の許容範囲以上に摂取してしまう場合は傍目から見ても勿論危険ですが、一日に数本だけ毎日飲み続ける無意識の習慣も大変危険なのです。依存は無意識下で始まってしまうことも少なくありません。アルコールが無い状況に苛々してしまうこと状態も起こりえるのです。習慣を邪魔されたことによる不快感だと言う人もいますが、無いことを受け入れられない状態は依存の片鱗を見せていることにほかなりません。

依存症は精神医学では「嗜癖」と呼ばれます。嗜癖は「夢中になり溺れること」などを意味するアディクションの訳です。アルコールやニコチン、薬物やセックスなどに溺れて抜け出せなくなる人は多く、精神疾患として治療をしている人も数多くいます。娯楽感覚や状況を弁えた上での行動ならば自我により歯止めが利きますが、自覚なく依存してしまうととても危険です。最近では、依存症や嗜癖の治療を中心に治療を行なうクリニックや専門医院も登場しています。通常の病院では人目を気にして受診できない、という人も多いですが、こうしたクリニックはプライバシーの配慮を徹底しています。このままだと依存症や嗜癖になってしまう、という自覚があれば自分で正していくことは可能ですが、既に自覚なく進行してしまっている場合は家族やパートナーの支えが必要となります。まずは一度、クリニックを受診してみることが大切です。手遅れになってしまうと健康を阻害してしまうだけでなく、周囲の人へ甚大な被害が出てしまうこともあります。依存症や嗜癖を受け入れがたい人もいるでしょうが、心がSOSを発信していることも十分に考えられるのです。目を逸らさずに、まずは治療の第一歩を踏み出しましょう。

コンテンツ

悩む女性

共依存の本当の意味

嗜癖には人へと依存してしまう関係嗜癖があります。関係嗜癖は別名「共依存症」とも呼ばれており、進行してしまうと危険です。世間での認識とは少々違う関係性が築かれているからです。

悩む男性

依存症になりやすい人

依存症になる人もいればならない人もいます。依存症に陥りやすい人は意志が弱くてコミュニケーション能力が低い人だと思っている人もいますが、実は逆の性格をしている人が多いのです。