依存症を他人事にしない~嗜癖までのProcessと理解の重要性~

物質嗜癖は身近なもの

考える女性

不必要なものに頼りきって溺れてしまうことを依存症、または嗜癖と言います。無意識に進行し、自覚もないままに抜け出せない状態になってしまいます。嗜癖には種類があり、依存してしまう対象によって呼び方が異なります。嗜癖は「物質嗜癖」「過程嗜癖」「関係嗜癖」の大きく3種類に分けることができます。最初に挙げた物質嗜癖はアルコールや煙草、薬物などの摂取するものに対して引き起こされるものであり、患者数はかなり多いとされています。また、食べ物の摂取と密接な繋がりがある嗜癖として過食症や拒食症などがありますが、これらも物質嗜癖に該当されるのです。アルコールや煙草、薬物は依存性薬物とも呼ばれており、通常に販売されている市販薬なども同様です。しかし、風邪薬や頭痛薬などは、それらの症状に悩まされた場合にのみ摂取するため深く依存してしまうことは少ないのです。逆にアルコールや煙草は日常で摂取する機会が多いこともあり、依存へと繋がってしまいやすい傾向にあります。

アルコールにはリラックスさせる効果や気分を高揚させる効果があります。ストレスの発散に繋がりやすいことも関係し、習慣化してしまうことが多いのです。煙草は興奮作用もあれば気分を落ち着ける沈静作用もあります。そのため、仕事の合間などに吸うことで眠気を醒まし頭をクリアにしたり、悩んだときに気分を落ち着けることができるのです。アルコールや煙草、薬物を摂取した際の自己状態を良いものと捉え、その状況を繰り返し味わいたいと無意識に感じるようになってしまいます。そのためにはアルコールや煙草などが欠かせないアイテムだと感じてしまい、徐々に精神的な依存に陥ってしまうのです。精神的な依存が始まってしまうと、摂取するアルコールや煙草の量や回数も増えてしまいます。人間は与えられた刺激に対して少しずつ慣れてしまうため、少量で得られていた効果にも耐性がついてしまうのです。耐性を打ち崩すために更に過剰な摂取を長期的に続けるサイクルが生まれます。体内で薬物性依存物質が与える効果が薄れてしまうと、苛々やストレス、不安が一気に襲いかかります。身体にも健康被害を及ぼすため、震えや頭痛にも慢性的に悩まされることとなるのです。このような禁断症状は、精神依存だけでなく身体依存に陥っていることを示すサインと言われており、こうしたプロセスを経て、物質嗜癖は依存症という精神病へと進行していきます。